安全への取り組み

新型コロナウイルスcovid19

対策

株式会社沙官弥社では新型コロナウイルス対策として、当たり前の事を徹底して 行うことをしています。
○ 作業員の配置のブロック分けによる密接した作業の回避
○ 密室・密閉空間での換気や送風機等の使用の励行
○ ワクチン接種
○ 車両での移動時の同乗・相乗りを避け個別の移動を励行
○ 現場と自宅の直行直帰の推奨
○ 攪拌機や研削盤等の操作前の消毒等の徹底 等

安全管理safety

朝のKY(危険予知活動)活動

日々の作業の手順の中に隠れている「不安全状態」の発生や「不安全行動」を行ってし まう心理状態を事前に明らかにし、作業者自身が対策を考えて実行することを目的とし て行う自主的な安全活動のことを危険予知活動を、毎朝朝礼終了後に株式会社沙官弥では 徹底し行う事にしています。

安全大会

協力会社の皆様と共に、安全意識の向上を図ることを目的とし、年に一度、開催しております。 事故防止教育、情報の共有等を対象とした労災事故の撲滅に向け、ミーティング等を図ります。

安全帯の徹底

株式会社沙官弥では、日々の作業の中で安全帯の装着は徹底して行うにしています。 足場作業では当然の事、思いがけず危険な状況が生まれてしまう可能性も高いため 墜落災害への防止阻止。 今年度から職人さん全員へフルハーネスへ移行しています。